肩こり、腰痛、下半身の症状をストレッチで緩和
腰から背中にかけてのストレッチ
【脊柱起立筋 】(せきちゅうきりつきん) 背中の下中心部の筋肉。骨盤から脊椎をつないでいる、細長い深部筋肉群を総称して脊柱起立筋という。
【僧帽筋】(そうぼうきん) 首の後ろの下に広がるひし形の大きな筋肉。肩の動作には殆ど関わる重要な筋肉。
床に両手と両膝をつき、四つん這いの姿勢になります。
息を吐きながらおヘソを上方に引き上げて背中を丸めます。この時、背中が天井に引つられる気持ちで。しばらくキープしたらニュートラルの姿勢に戻り、背中にアーチを作ります。これを10〜20回。