肩こり、腰痛、下半身の症状をストレッチで緩和
お尻のストレッチ1
【大臀筋】(だいでんきん)臀部の所謂「尻のほっぺた」部分の筋肉。 ハムストリングスと繋がっており、股関節の伸展と足の前後運動に使用される。
膝を立てて、両手を後ろに置きます。右脚を左腿の上に載せます。息を吐きながら胸を腿に近づけます。左右10〜30秒。
お尻のストレッチ2
【大臀筋】(だいでんきん)臀部の所謂「尻のほっぺた」部分の筋肉。 ハムストリングスと繋がっており、股関節の伸展と足の前後運動に使用される。
【中臀筋】(ちゅうでんきん)股関節の外転、内旋を行う筋肉。股関節周りの柔軟性に非常に密接に関わる。
【大腿二頭筋】(だいたいにとうきん)大腿四頭筋とは逆に位置し、ひざを曲げる時に働く筋肉。
“お尻のストレッチ1”の姿勢から両足を右の方に倒して、右膝を両手で胸に引きつけます。左右各10〜30秒。
固い人向けのもも裏のストレッチ
【ハムストリング】(はむすとりんぐ) 太股の裏側の3つの筋肉、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称。股関節の伸展(太ももをお腹につける動き)とヒザ関節の屈曲に使用される。
右脚を曲げ、左脚を右脚の上に置きます。左膝を軽く曲げながら背すじを伸ばしたまま上半身を胸に近づけます。左右各10秒〜30秒。
内もものストレッチ1
【内転筋群】(ないてんきんぐん) 内股の筋肉郡。薄筋、長内転筋、短内転筋、大内転筋、恥骨筋などの総称。開いた股を閉じる方向に働く。
左膝を曲げ、右脚を外側に開きます。両手を前について背すじを伸ばしたまま上半身を前に倒します。この時、おヘソを前に突き出す意識が大切です。10秒〜30秒。