肩こり、腰痛、下半身の症状をストレッチで緩和
背中のストレッチ
【脊柱起立筋 】(せきちゅうきりつきん) 背中の下中心部の筋肉。骨盤から脊椎をつないでいる、細長い深部筋肉群を総称して脊柱起立筋という。
【僧帽筋】(そうぼうきん) 首の後ろの下に広がるひし形の大きな筋肉。肩の動作には殆ど関わる重要な筋肉。
膝を立てて座り、両手を両足の間におきます。その後、息を吐きながら背中を丸めて、さらに頭の重みを感じながら上半身を前に倒し、骨盤を後傾させます。背中全体の筋肉が伸びていること感じながら行います。10〜30秒。
背中と腰のストレッチ
【脊柱起立筋 】(せきちゅうきりつきん) 背中の下中心部の筋肉。骨盤から脊椎をつないでいる、細長い深部筋肉群を総称して脊柱起立筋という。
【腹横筋】(ふくおうきん)腹の深部をぐるりと囲んで支えている筋肉。下位肋骨を下方に引き、腹圧を高める作用がある。
長座になり、片方の足の膝を立て、足を交差させます。立て膝側の外側に腕を差し伸べ、息を吐きながらゆっくりと腰周りを捻ります。左右各10〜30秒。
腰のストレッチ
【脊柱起立筋 】(せきちゅうきりつきん) 背中の下中心部の筋肉。骨盤から脊椎をつないでいる、細長い深部筋肉群を総称して脊柱起立筋という。
仰向けに寝て、両膝を両手で抱えて、ゆっくりと背中を丸めて筋肉を伸ばします。余裕があれば、頭を持ち上げて揺りかごのように上下に揺れると、さらに背中の筋肉が伸びます。10〜30秒。